【東京】江戸東京たてもの園でタイムスリップ!ジブリの世界も楽しもう♪

目次

江戸東京たてもの園とは?

Lulu

マナさん、わたし最近買い物をしすぎて金欠なのですが、どこか遊びに行きたいです~!

Mana

もぉ~ルルさんはいつもそうなんですから~。では、「江戸東京たてもの園」に行ってみましょうか♪

Lulu

江戸東京たてもの園?そこはどんなところなんですか?

Mana

ズバリ、様々な建物を見学できる野外博物館です。江戸から昭和中期までの文化的価値が高い建築物が移築・復元されていて、まるでタイムスリップをしたような素敵体験ができちゃいますよ!

Lulu

楽しそうですね!

Mana

しかも、ジブリ作品「千と千尋の神隠し」のモチーフになった建物も見学できるので、ジブリファン必見の観光スポットなんですよ。

Lulu

・・・でも、入場料とかお高いんでしょ?

Mana

大人の観覧料はなんと400円です!見どころがたくさんあり、じっくり巡ると4時間ほど楽しめるので、お金を掛けず充実した1日を過ごすことができますよ。

Lulu

素敵!まさに私のような金欠さんにもピッタリですね。では、マナさんさっそく江戸東京たてもの園へ行きましょう♪

ジブリのモデルになった建物がある!?

Mana

江戸東京たてもの園では、30棟の移築・復元した建物を見学できます。今日は、その中でもおすすめの展示を巡っていきましょうか。

Lulu

わたし「千と千尋の神隠し」のモデルになった建物から見たいです!

Mana

では、「武居三省堂(たけいさんしょうどう)」に行ってみましょう。こちらは明治初期に創業されたお店で、当初は文具の卸売業でしたが後に小売店として営業していたそうですよ。

Lulu

趣深いですね・・・。あっ、左にあるこの棚は釜爺(注1)のボイラー室に出てきたものですか!?

(注1)釜爺(かまじい)とは映画「千と千尋の神隠し」に登場したキャラクター

Mana

よく気が付きました!「千と千尋の神隠し」で釜爺が薬草を取り出していた棚にそっくりですよね。

Mana

さらに、チェックしたいのが「下町中通り」です。こちらは、『千尋と両親が迷い込んだ町』を描く際、大いに参考にされたそうですよ!

Lulu

この通りの様子、映画のどのシーンかわかる気がします!どこか懐かしさを感じますよね。

Mana

他にも「もしかして千と千尋の神隠しに出てきた?」と感じる建物はいっぱいあるので、ジブリファンにはぜひ来てほしい観光スポットです!

レトロな建物も要チェック

Mana

江戸東京たてもの園には、ジブリのモデルになったスポット以外にも素敵な建物がたくさんありますよ!ということで、今度は「高橋是清邸(たかはしこれきよてい)」に行ってみましょう。

Lulu

うわぁ、大きい~!とても大きなお屋敷ですね。

Mana

こちらは、明治から昭和にかけて日本を支えた政治家・高橋是清の邸宅です。室内も見学できるので、伝統的な日本の建築を堪能できちゃいますよ。

Lulu

独特なデザインの窓は、現代においても色褪せない美しさがありますね。

Mana

そうですよね。窓から見える庭園も復元されているので、高橋是清が愛した景色を目に焼き付けられます。また、2・26事件の現場となった2階の部屋にも入ることができますよ。

Lulu

日本の歴史をひしひしと感じられました。

Lulu

わぁ、こちらには様々なお店がありますね!醤油を売っているお店もありますよ。

Mana

「小寺醤油店(こでらしょうゆてん)」ですね。醤油はもちろん、味噌やお酒なども販売していたお店で、隣の蔵では醤油に関する展示がされていますよ。

Lulu

醤油やお酒の歴史、作業工程などが見られて勉強になりますね!

Mana

では、次に乾物屋の「大和屋本店(やまとやほんてん)」に行きましょうか。

Lulu

店頭にスルメや昆布などの乾物がずらりと並んでいますね!店前にあるタバコの販売もレトロで素敵ですね。

Mana

当初、こちらのお店は乾物をメインに販売していましたが、戦時下で海産物の仕入れが困難になってからはお茶や海苔を売り出していたそうです。旅館や化粧品店など、まだまだたくさんのお店があるのでゆっくり見ていきましょうか。

ランチにぴったりのレストランやカフェ

Lulu

マナさん、わたし少しお腹が空いてきました・・・。

Mana

ではランチにしましょうか♪たべもの処「蔵」では、地元武蔵野の伝統的な手打ちうどんや日替わり弁当を食べられますよ。

Lulu

手打ちうどんならではのもっちもちな食感がたまりません!打ち粉にそば粉を入れているので、香ばしい風味も感じられますね♪

Mana

たべもの処「蔵」のうどんは宮崎駿監督も食べたことがあり、店内にはサインも飾られていましたね!

Lulu

ふう、お腹いっぱい♪・・・でも、美味しいスイーツも食べたいな~!

Mana

さすがルルさんですね…。では、カフェ「武蔵野茶房」に行きましょうか。「武蔵野茶房」は復元された建物「デ・ラランデ邸」の中にありますよ。

Lulu

わぁ、ドイツ風のモダンな雰囲気が素敵な建物ですね。では、スイートポテトの上にソフトクリームが乗っている「特製おいものパフェ」をいただきます♪・・・おいものほっくりとした甘みとソフトクリームが合わさって、すっごく美味しいです!

Mana

私は期間限定の「アップルパイ」にしましょうかね。う~ん、バターたっぷりな生地としゃっきりとしたリンゴが口の中に広がって幸せです~♪

季節ごとのイベントも

Mana

江戸東京たてもの園は、毎月異なる東京の伝統工芸を実演していて、職人さんのプロフェッショナルな手さばきを生で見ることができますよ♪さらに、シーズンごとに様々なイベントも開催しています。

Lulu

夏には、提灯がともる園内で夏の夕べの過ごし方を体感できる「下町夕涼み」があって・・・。紅葉が彩る秋には、園内がライトアップされて屋台も出店するなんて、もう毎シーズン行くしかないですね!

Mana

大人から子どもまで楽しめるイベントばかりなので、カップルや友達、ファミリーなど誰と行っても楽しめますよね。

園内を彩る植物

Lulu

マナさん、園内を歩いて感じたのですが、花や植物がたくさんありますね。ほら、あそこのサトザクラとってもきれい!

Mana

すごくきれいですね!江戸東京たてもの園では、四季を通してさまざまな植物、木々を楽しむこともできるんですよ。

Mana

春はサクラ、夏はテッポウユリ、秋はモミジ、冬は白梅など建造物と相まってさらに趣を感じられますよね。

Lulu

写真映えしますね!次に来園するときは、季節の植物も要チェックしとかなきゃ♪

お土産を買うのも忘れずに!

Lulu

日本の歴史を肌で感じられて、とっても楽しかったです!何か記念になるものを買いたいんですけど・・・。

Mana

では、お土産を買うためにビジターセンター内の「ミュージアムショップ&カフェ」に行きましょうか♪

Lulu

園内の建物をデザインした手ぬぐいや絵はがきなど、たくさんのお土産がありますね。ただ、やっぱりマスコットキャラクター「えどまる」のグッズが気になります!

Mana

そうですよね!えどまるは宮崎駿監督が直々にデザインしたキャラクターなんです。可愛いえどまるがデザインされたオリジナルグッズは外せませんよね!

Lulu

あっ!お金が足りない・・・

Mana

もぉ~ルルさん、今回だけですからね。

Lulu

やったぁ♪マナさん、ありがとうございます!

≪江戸東京たてもの園≫
住所:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
営業時間:4~9月  9:30~17:30、10~3月 9:30~16:30
※入園は閉園時刻の30分前まで
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)、年末年始
料金:一般400円〜
※最新情報は公式ホームページをご確認ください。

まとめ

江戸東京たてもの園は、歴史的に価値のある建造物を見学できる野外博物館です。「千と千尋の神隠し」のモデルとなった建物もあり、江戸~昭和中期の空気を肌で感じられる観光スポットと言えるでしょう。タイムスリップしたかのようなワクワク体験ができる江戸東京たてもの園に、ぜひ行ってみてくださいね♪

最寄り空港から江戸東京たてもの園までの交通アクセス
羽田空港~JR中央線「武蔵小金井駅」までリムジンバスで約65~140分
武蔵小金井駅~「小金井公園西口」まで西武バスで約5分
「小金井公園西口」~江戸東京たてもの園まで徒歩で約5分

ライター:mami
【写真提供】
江戸東京たてもの園

東京のおすすめ宿情報

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

目次
閉じる