割り込みNG!エレベーターマナーの常識

目次

10月生まれのコメパパ「今日の運勢は1位」 朝からラッキーな一日なんだとウキウキのようですが…

執事マナのワンポイント解説
エレベーターのマナーとは
コメパパ、また順番を無視してマナさんに怒られていますね。エレベーターに関わらず、列がある場合はちゃんと列に並んで順番を守るのがマナーです。ショッピングセンターやオフィスビルなど、人が多い場所ではエレベーターを必要としている人がたくさんいます。特に朝の出勤時と観光で込み合うような場所では多くの方が使用するので、当然エレベーターに人が並んでいます。階数が多いビルでは乗るまでに時間がかかってしまうので、急いでいるときは気持ちが焦っちゃいますよね。
とはいえ、順番を守らないのはマナー違反です。早く乗りたいのはみんな一緒ですし、順番抜かしをされたら方はいい気持にはなれません。それに、お年寄りや体の不自由な方、車いすの方、妊娠中の方、ベビーカーを押している方を優先すべきですよね。もし、定員オーバーでブザーが鳴ったら、最後に乗った人が降りるのがマナーです。
ところで、ビジネスシーンではエレベーターの乗り降りにはマナーがあります。一例をあげますと、例えば自分が一番下の立場なら、一番先にエレベーターに乗り操作盤を操作します。降りる時は全員が降りるまで「開」ボタンを押し続け、全員が降り終わったら最後に自分が降りるというのがマナーです。また、立場によってエレベーター内の立ち位置が決まっていたりと、他にもマナーがあるので、日本で働く際は事前に勉強が必要ですね。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる