挨拶は格闘技?コメパパVSマナさんの1本勝負が始まった!?

目次

歩きスマホをしながらコメゲーに夢中になっているコメパパ。すぐそこには上司が……いつも通りマナさんが注意してくれたようですが、突然試合のゴングが鳴り響く!?

執事マナのワンポイント解説
挨拶するといい事だらけって本当?
上司が目の前にいるのに、コメパパはスマホに夢中で気づいてないようですね。日本では社内で上司や従業員の人とすれ違う時は、軽く会釈をするのがマナーです。「お疲れ様です」と挨拶をするとより丁寧な印象になります。すれ違うだけなので、大きな声というよりかは相手に聞こえる程度の声で十分です。逆に、会釈や挨拶がないと失礼になるので気をつけましょう。
会社の規模にもよりますが社員数が少ない場合は、一日に何度も同じ人とすれ違うこともあると思います。上司とすれ違う時は緊張する人もいるかもしれませんが、すれ違う時に会釈をするだけなので習慣になってしまえば緊張せずにできると思います。また、会社によっては挨拶の仕方が異なる場合もあるので、入社したての時は周りをよく見て対応しましょう。
一般的に「お疲れ様です」という挨拶は、仕事が終わった時に使いますが、廊下ですれ違った時以外にも、従業員同士で電話に出た時の出だしの挨拶で使ったり、会議が終わった時の最後の挨拶に使ったりと仕事中は割と使用頻度の高い言葉です。日本で仕事をする人は、必ず覚えておきたい挨拶のフレーズですね。
挨拶をして嫌に思われることはまずありません。挨拶はコミュニケーションのきっかけとなり、良好な人間関係構築に大切な役割を果たします。仕事以外でも積極的に挨拶はしていきたいですね!

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる