喫煙エリアで喫煙マナー守ってますか?

目次

今日は家族で動物園に来ているコメマル一家。あっ、コメパパ周りに人が居なくてもそんなところでタバコを吸っちゃいけませんよ。

執事マナのワンポイント解説
観光施設内の喫煙はルールを守って
喫煙者の皆様は日本のタバコは試してみましたか?先進国の中では比較的タバコの価格が安く購入しやすいと思うので、滞在期間中に何種類か試すことができるのではないでしょうか。その中でお気に入りのひと箱を見つけられると楽しみもまた増えますよね。
さて、観光施設での喫煙ルールですが、施設内に設けられている喫煙所で喫煙をするのがルールです。屋外だからといって、そこが喫煙所でなければ喫煙はできません。タバコは他の人に受動喫煙を強いることになるので、喫煙者は注意が必要です。歩きたばこも同様のことが言えます。歩きたばこの場合は、タバコを持っている手の位置が子供の顔に近づいて、火傷を負わせてしまう危険性がありますし、他人の服を焦がしてしまう可能性もあります。観光施設では老若男女、たくさんの方が利用していますので、みんなが安全に楽しめるように配慮することが大切です。
ところで、日本の喫煙率は年々低下しています。そういった状況の中で喫煙できるスペースも年々少なくなっているのが現状です。最近では観光施設内に喫煙所を設けていないところも存在します。そういった場所に行く前に、喫煙者の方は喫煙所の情報を確認しておく必要がありそうですね。喫煙者の方は肩身が狭いですが、ルールはきちんと守りましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる