運転中の「ながらスマホ」は危険がいっぱい!

目次

日本での生活にも慣れてきたコメパパ。今日は執事のマナさんとドライブを楽しんでいるようです。

執事マナのワンポイント解説
運転中のスマホ操作はNG
世界でもトップクラスの輸出量を誇る車の生産は、日本にとって代表的な産業といえます。どなたでも一つは日本の車メーカーを言えるのではないでしょうか?日本で車を買う予定の人や旅行中にレンタカーを借りる人は、運転を楽しみにしている人もいるでしょう。
さて、その車の運転ですが、ルールや規則違反は各国によって違います。ここではコメパパもやっていた運転中のスマホ操作について触れていきます。
日本では車の運転中のスマホ操作は道路交通法で禁止されています。スマホを持ちながらの操作はもちろん、通話も禁止されていて、毎年死亡事故も起きています。画面を注視してしまうことが事故の原因となっています。たった数秒画面に注視してしまうことで、車は思いのほか進んでいるものです。また、気を取られている間にハンドル操作を誤ってしまうこともあります。ですから、例え数秒だとしても、運転以外のことに集中してしまうと事故に繋がってしまうのです。それに加え、日本の特に都心部では道路の幅が狭く交通量も多いので、慣れるまでは余計に危険が伴います。慣れない場所での運転は慎重に行うことが大切ですね。
車の運転はルールを守って安全に快適に楽しみましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる