ビュッフェで本性むき出した?デカ盛り、盛り過ぎに注意

目次

食べ放題って、あれもこれもついつい食べたくなっちゃいますよね♪タケちゃんも松子さんももうお皿いっぱいですよ…

執事マナのワンポイント解説
日本の食べ放題のマナーは本来の意味と全く違うので戸惑う方もいるかもしれませんが、日本では食べ放題のことを「バイキング」とか「ビュッフェ」といいます。一定の料金を支払い、時間制限内などでいくらでも食べられるので、食べ盛りの子供や家族連れに大人気です。
タケちゃんたちが宿泊しているホテルもそうですが、多くの宿泊施設で朝食などを食べ放題をしていたりしています。鬼怒川のあさやホテルではシェフが目の前でステーキを焼いてくれたり、お寿司を握ってくれるサービスが人気です。新鮮でおいしいものが食べられるだけでなく、ベジタリアンの方や宗教上食べられない食材がある方にとっても自分で選べるというのはありがたい事ですよね。
ただ、やっぱり取りすぎはマナー違反です。当たり前ですが、食べられる量だけお皿に盛って食べるのが基本です。また、お寿司のネタだけを食べてシャリを食べなかったり、メインの料理を独占して持っていってしまうのもマナー違反です。食べ放題では多くの人と料理を共有するので、他人への配慮が必要です。旅行中の食事は楽しみの一つですから、マナーを守って楽しく過ごしましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる