走るな危険!エスカレーターは危険がいっぱい

目次

いつも元気なコメマル王子。今日は弟のチューベイとお出かけのようですが…

執事マナのワンポイント解説
日本では今やエスカレーターは日常生活になくてはならないものですね。駅の構内はもちろんショッピングモールにも必ずあるので、毎日使っている人も多くいるのではないでしょうか。しかし、エスカレーターでは転倒や転落の危険があるので、走ることは禁止されています。コメマル君のような子ども達にとっては遊具のように感じて、走って遊びたくなってしまうかもしれませんが、転倒してしまうと大きなけがにつながり大変危険です。走ってしまうと、他の人にぶつかってケガをさせてしまう事にもなりかねないので、ルールは守る必要があります。
しかしながら、都市部ではエスカレーターに乗る時に片側を空けています。それは、急いでいる人が空いている方を歩いて登れるためです。すでに、東京や大阪などの都市部に住んでいる方や旅行に行った方なら知っていることだと思います。駅構内などでは片側通行の危険性について注意喚起を促していますが、都市部ではすでに習慣化しているのが現状です。都市部に行く際は特にエスカレーターの乗り方に気をつけましょう。理由は諸説あるようですが、東京では右側、大阪では左側を空けます・・・不思議ですね。
ちなみに、ホテル内に長いエスカレーターを完備している和歌山県のホテル浦島は有名です。全長が154mもあるようで、その光景は壮観です。ご興味ある方は是非行ってみて下さい。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる