トイレットペーパーは便器で水に流すのが日本式

目次

今日も朝から快便のタケちゃんですが…

執事マナのワンポイント解説
国によってトイレットペーパーを流せる国と流せない国ってありますよね。日本ではどのトイレでもトイレットペーパーを流すことができます。ですから、使用済みのトイレットペーパーを入れるゴミ箱は設置されていません。流さない習慣のある国の方の中には、トイレットペーパーを流すのに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし、日本で売っているトイレットペーパーはすべて水に溶ける素材になっているので、問題なく流してもらっても大丈夫です。
ほとんどのトイレにはトイレットペーパーが常備されているので、トイレットペーパーを持ち込む必要はありません。しかし時々、予備で置いてあるトイレットペーパーを勝手に持ち帰ってしまう人がいます。もちろんこれはマナー違反です。トイレットペーパーが切れた時、次に使う人が困りますもんね。こういった時のことも考えて、旅行や出張でいろいろな場所に行く人は、万が一のことも考えてティッシュを持ち歩くと安心かもしれません。ですが、ティッシュはトイレットペーパーと違い水に溶けない性質のため便器に流すと排水パイプに詰まってしまうのでトイレットペーパー以外は流さないようにしてください。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる