他人から受け取った名刺の使い道って?

目次

コメパパ、今日は「夏フェス」の大事な打合せ。2020年ミス卵コンテストで優勝した「卵リーナ」さんから丁寧な挨拶をされ…

執事マナのワンポイント解説
日本のビジネスには名刺が大切
日本のビジネスシーンでは、初対面の時に必ず名刺交換をします。新入社員は入社時に必ずと言っていいほど名刺交換の練習をします。名刺には名前の他、連絡先、役職、会社の情報が記載されています。時々自己紹介文が記載されている名刺もあり、初対面の人でも多くの情報を相手に伝える役割を果たします。
一方、日本以外の国では、名刺の意味合いや記載内容がそれぞれ違います。名前だけしか記載していなかったり、パーティーで交換するためだけに持っている場合もあるようです。また、名刺交換よりも握手をすることの方が重要とされている国もありますよね。それに比べて日本の社会では名刺は大切なビジネスツールとなります。ですから、コメパパのように相手の名刺に何かを書くのは、相手に対して大変失礼にあたります。名刺をもらったら、机の上に置いて商談するのがルールです。
このように重要な名刺交換ですから、名刺交換のルールは一社会人として知っておかなければなりません。しかし、名刺交換の仕方は少し複雑で難しいです。仕事を受ける側と依頼する側で名刺を渡す順番が変わったり、立場によって受け取り位置が違ったりもします。名刺を名刺入れにしまうまで細々としたルールがあるので、最初のうちは緊張してなかなかうまくいかないものです。日本で仕事をする際は事前にしっかりと練習して相手に失礼にならないようにしておきましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる