道端の写真撮影は危険がいっぱい!?

目次

お肌の手入れに余念がない松子さん、今日はお肌の調子も絶好調。 久しぶりにタケちゃんとお出かけのようですが……

執事マナのワンポイント解説
写真撮影のマナーとは
松子さんとタケちゃん、二人で自撮りして楽しそうですね。近年では携帯電話の普及で写真撮影がさらに手軽にできるようになりましたよね。何度も撮り直しができるので、納得のいくまで写真を撮ることができるし、画像も普通のカメラと同じくらいきれいに撮れるようにもなりました。さらに、最近ではSNSに写真を投稿することがステータスになっていることもあり、若い世代を中心に写真を撮ることは生活の一部となっています。SNSに投稿した写真にいい評価がもらえるとうれしいですよね。
また、写真が映える場所での撮影も大人気です。大阪の道頓堀のグリコサインの前や東京渋谷のスクランブル交差点は写真スポットとして有名ですよね。こういった場所ではどんなに人がいても、せっかくだから写真を一枚は撮っておきたいものですよね。それが旅行中であればなおさらだと思います。
ですが、人が多い場所での撮影は注意が必要です。写真撮影に夢中で歩行者の通行を妨げたり、車道に飛び出したりすると大変危険です。他人に迷惑をかけてまで写真を撮るのはマナー違反です。松子さんたちがいるような道端では周りをしっかり確認して、安全を確認してから写真を撮るようにしましょう。旅行中は特にいろんな場所で写真を撮ると思うので、マナーを守って素敵な写真を撮ってくださいね。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる