商談成立させたいなら、10分前行動を徹底すべし

目次

大事な約束の日に寝坊してしまったタケちゃん。急いで約束の場所に向かうのですが……

執事マナのワンポイント解説
ビジネスにおいて時間を守ることの大切さとは
どんな職業でも、さまざまな会社との関わり合いの中からビジネスが生まれていきます。既存のお客様はもちろん、新規のお客様と直接会って商談をすることは、ビジネスにおいてとても大切なことです。お客様のところに訪問する時に特に気を付けたいのが、約束の時間を守るという事です。日本において時間厳守はビジネスマナーの基本中の基本ですので、しっかりとした準備が必要となります。まず、事前に訪問先までの交通経路を調べることが大切です。地図で場所を確認したり、交通経路を調べて所要時間を把握しておくと当日も安心ですよね。また、電車などの公共機関を使う場合は、遅延などの不測の事態を想定して余裕をもって出発しましょう。訪問先には10分前に到着しておくと気持ちに余裕が生まれて安心できますよね。早めに到着しておけば、トイレで身だしなみのチェックができたり、エレベーターが混んでいても慌てる必要はありません。万が一、タケちゃんのように遅れる場合は早めに電話連絡をすることがマナーです。お客様もタケちゃんを迎える準備をして待っているので、少しでもお客様を不安にさせないことが大切です。仕事が重要であればあるほど、信頼のおける人に仕事をお願いしたいですよね。約束の時間を守れない相手に大事な仕事は任せられません。遅刻により商談がなくなってしまわないように、お客様と約束した時間は守りましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる