歩きスマホでゲームに熱中、駅のホームは危険がいっぱい

目次

外出自粛中にダウンロードした携帯ゲームアプリ(コメゲー)がやめられないコメマル王子。こりずに今日も朝からコメゲーばかり…

執事マナのワンポイント解説
歩きスマホは危険がいっぱい
『歩きスマホ』ってしたことありますか?皆さん、多かれ少なかれ歩きスマホってしたことあるんじゃないでしょうか。
実は、その歩きスマホで救急搬送された事故の25%は駅構内で起こっているんです(※1参照)。確かに、駅構内で歩きスマホをしている人って多いですよね。特に朝は、会社に遅れそうで急いでいる人、音楽をイヤホンで聞きながら歩いている人、小さな子供を連れている人など本当にいろんな人が駅を利用しています。そんな中、歩きスマホ・・・事故が起きて当然です。
歩きスマホで転倒することもあるし、他人にぶつかって傷つけてしまうことも当然あります。また、線路に落ちてしまい大けがをしてしまう危険性も十分にあります。危ないとわかっていながら、やってしまいがちな歩きスマホですが、それが大きな事故に繋がってあなたを苦しめることになります。通話しながらの歩きスマホでも事故はよく起きているようです。
とは言え、旅行中の方で、電車の出発時間を確認したり次に行くところを探したり、どうしてもスマホを操作する事はありますよね。そんな時は、周囲を確認し、人通りが少ない所へ移動して操作するように配慮しましょう。それも素敵なマナーの一つですね!

※1参照 東京消防庁サイト-歩きスマホ等に係る事故に注意

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる