体調不良で会社を休む時のマナーとは?

目次

今日は仕事の日なのに、急にお腹がいたいと言い出したコメパパ…

執事マナのワンポイント解説
体調不良で休む時はまず上司に連絡
朝起きて風邪っぽかったり、勤務中に急に熱がでたり、普段生活していて急に体調が悪くなることってありますよね。
体調不良で仕事を休む場合は、なるべく早めに上司や同僚に連絡をいれましょう。仕事の引継ぎをするために、仕事開始前には連絡をいれるのが基本です。自分に任された仕事で重要なことや、その日にやっておかなければならないことを、わかりやすく端的に伝えましょう。あなたが休むことで、誰かがあなたの役割を負担してくれているということを忘れないようにしてください。
『熱はあるけど大丈夫!』と自己判断するのはやめましょう。感染症の場合は職場内で病気が蔓延してしまう可能性もあります。まずは無理に職場へ行かず、病院に行って診てもらうのが先決です。とは言え、どんな基準で休めばいいか迷いますよね。そんな時は『周りに迷惑がかかるかな?』と考えてみてください。少しでも迷惑がかかりそうなら、休みましょう。しっかり休んで、早く体調を戻すことに集中しましょう。
ちなみに昨日の夜飲みすぎて二日酔いで気持ちが悪いから休む、なんてことは体調不良とは言えないので、自己管理はしっかりとしておきましょうね。日本にはおいしいお酒がいっぱいですからね~。
どんな人でも体調が悪くなることはあるので、もしもの時のために、あらかじめどのように連絡をするのか確認しておくのも重要ですね。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる