誰かに見られている?タバコのポイ捨ては法律違反なんです……

目次

久しぶりの外食でお腹がいっぱいになったコメパパ。ご機嫌でいつも通り紙タバコ(コメスター)で一服するのですが…

執事マナのワンポイント解説
喫煙はルールを守りましょう
「お酒はやめられてもタバコだけはやめられない」なんていう人は少なくありません。タバコは嗜好品の一つとして昔から身近にあるものですよね。
また、ご存じの通り国によって喫煙できる年齢が違います。多くの国では18歳から喫煙が許されていますが、日本では20歳からとなります。20歳未満の方ですでに自国で喫煙している方は、日本に来た際は違法となりますのでお気を付けください。また、購入の際も年齢確認が必要となるので、念のために用意しておくと良いでしょう。
コメパパも罰金を払っていましたが、喫煙禁止区域で喫煙をしたり吸い殻を捨てた場合、罰金を払わなければなりません。一方で自治体により罰金を設けていないところもありますが、喫煙可能エリアを確認してから喫煙して下さいね。
日本では近年、受動喫煙に対する問題により喫煙する場所が減ってきています。非喫煙者にとってはありがたいことですが、良くも悪くも喫煙に対する意識が高まっているのが現状です。
タバコは百害あって一利なしと言われる一方で、ストレス発散の一つでもあります。お互いが心地よくできるように、喫煙者はルールを守って吸いましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる