職場の同僚には明るく丁寧な挨拶で

目次

リゾートアルバイトを始めた茸ちゃんですが初日から遅刻をしてしまうという大失態。名誉挽回するための策を考えているところで… またしても…

執事マナのワンポイント解説
さまざまな挨拶
どの国にもその状況に応じてさまざまな挨拶があります。ここでは日本で働く際の挨拶を見ていきましょう。
まず、出社した時は「おはようございます」と挨拶をします。仕事が始まる前の大切な挨拶になるので、元気よくしましょう。次に仕事中、従業員の方とすれ違う時は「お疲れ様です」と挨拶をします。この時は会釈と一緒にするが基本です。退社の時は「お疲れ様でした」「お先に失礼いたします」と挨拶をします。「ご苦労様でした」という挨拶もありますが、これは上司から部下に使う挨拶になるので、使う際は気をつけましょう。どの挨拶にも言えますが、相手に聞こえないと意味がないので、日本語で明るくハキハキと言えるように練習しておきましょうね。
また、日本では地域によって方言やなまりがあり、特有の挨拶の言い回しがあるので、徐々に覚えておくのがよいでしょう。
挨拶は仕事を円滑に進めるための大切なコミュニケーションの一つです。どんな場面でも心のこもった挨拶を心がけましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる