園内の動物にエサを与えるべからず!

目次

動物園って本当に色々な動物がいて楽しいですよね。あっ可愛いお猿さんたちがコメマル王子を見てますよ。

執事マナのワンポイント解説
許可なく動物にエサを与えてはいけない理由があります
日本には規模は違いますが、ほとんどの都道府県で動物園があります。動物園では世界中の動物の他に、日本にしか生息しない動物を見ることができたり、動物と直接触れ合える機会もあるので、どの年齢層にも楽しめる施設ですよね。動物とのふれあいの場では、エサやり体験ができる所もあります。そこでは通常、園が用意したエサを購入してから動物にエサを与えます。動物園の動物にエサがあげられるのは、こういった場所だけに限られていますので気を付けて下さいね。
コメパパやコメマル君のように、動物に人間のおやつや飲料を与えることは絶対に禁止です。それを食べてしまって、動物が体調を崩したり、最悪の場合、命の危険にさらされることも考えられます。園内に落ちている草木や落ち葉だったら大丈夫かなと、拾って動物に食べさせることも、もちろんダメです。私たちの手にはいろんなウイルスがついているので、むやみに動物に触れることで、動物に病気を感染させてしまうリスクもあることを忘れないようにしておきましょう。
ところで、日本の各地では少し変わった動物園があります。長野県では冬に猿が温泉に入っている姿が見られます。千葉県の動物園では象に乗ることが出来たり、静岡県では爬虫類と両生類に特化した動物園もあります。テーマパークよりも気軽に行けるので、ルールを守って各地の動物園を是非楽しんでみて下さい。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる