ビジネスの場面では上司と王様、どっちが偉いの?

目次

仕事中に上司から呼ばれたコメパパ。上司の近くまで行くのが面倒なのか、マナさんにくだした命令とは?これも執事の仕事なのでしょうか。

執事マナのワンポイント解説
返事と目線で好印象!上司への対応とは?
仕事中に上司から呼ばれた時、あなたはどのように対応しますか?日本ではまず目線を向けて「はい」と返事をします。どんなに忙しくても、いったんは上司を見て返事をするのがマナーです。コメパパのように手を止めずにいるのは失礼に当たります。できればすぐにメモとペンをもって上司の机の方へ行き要件を伺いましょう。その時に、「ただいま参ります」や「失礼いたします」などの言葉を添えると、より丁寧な対応になります。こうすると上司への印象もとてもよくなります。
要件を伺う時は、上司の言葉を遮らないようにメモを取りましょう。途中で分からないことがあれば、最後まで要件を聞いた後にまとめて質問をするようにします。仕事を始めたばかりのころは、上司から指示を受けることがほとんどです。指示の受け方は仕事を円滑に進めるためにとても重要です。しっかりと返事をして、確実に要件を把握するよう心がけましょう。
また、返事の仕方ですが、「うんうん」や「はいはい」といった相槌は相手に失礼になります。仕事やプライベート関係なく、目上の人や上司には絶対に使わないように注意しましょう。
このように、ビジネスシーンにおいて返事は会話を気持ちよくスタートするためにとても重要です。「はい」という返事はとても簡単な日本語なので、普段からたくさん使ってマスターしておくといいですね。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる