三山ひろしさん再登場!?けん玉の扱い方とは?

目次

年末にテレビを観ていると紅白歌合戦に出場している三山ひろしさんが!タケちゃん、思わずけん玉を振り回して大興奮・・・あれっ?三山さんからの大切な教えを忘れていませんか??

執事マナのワンポイント解説
けん玉で紅白歌合戦に出場!?
日本の年末を飾る歌番組、紅白歌合戦に出場の演歌歌手の三山ひろしさん。三山ひろしさんは、けん玉(※1)の有段者で日本けん玉協会からけん玉大使にも任命されるほどの実力者なんです。けん玉が趣味のタケちゃんは、以前三山ひろしさんにけん玉を教えてもらった経験があり、実は顔見知りの仲なのです。テレビで三山ひろしさんを観たタケちゃんは、けん玉を練習して一緒に紅白歌合戦に出場したいと意気込んでいるようです。大興奮のタケちゃん、けん玉をブンブン振り回して危ないですね!マナさんの言う通り、けん玉を使わない時は首にかけておくのがマナーですね。
けん玉の素材は通常桜の木が使用されています。それは、桜の木が堅いからです。つまり、タケちゃんのようにけん玉を振り回して誰かに当たってしまったら、相手に大けがをさせる可能性があるのです。また、人ではなく窓ガラスに当たればガラスは粉々になるでしょうし、家具家電に当たってしまえば容易に壊れてしまいます。けん玉で楽しく遊ぶためには、使い方をしっかりマスターしなければなりませんね。 
来年の紅白歌合戦に参加できるように、タケちゃん練習頑張ってね!
※1・・・けん玉は剣と玉で構成された玩具。日本で古くから親しまれた伝統的な遊びの一つ。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる