マナさんは神様の化身?神のご加護がありますように

目次

大好きな松子さんと初詣に来たタケちゃん。お賽銭を入れて神様へ二礼二拍手一礼・・・今年も良い一年なりますようにっ・・・・んっ?なぜマナさんへも二礼二拍手一礼をしているの?

執事マナのワンポイント解説
日本ならではのお正月行事とは?
あなたは「初詣」を知っていますか?初詣とは年が明けて初めて神社やお寺に参拝することを言います。日本では元旦に初詣をし、神様に感謝と今年の願掛けをします。日本人にとっては大変一般的な元旦の行事です。
さて、参拝方法ですが神社によって異なりますが、ここではマナさんがアドバイスしている「二礼二拍手一礼」の拝礼の作法を紹介します。細かく説明すると、①神様へ向けて、深いお辞儀を2回、②胸の高さで両手を合わせ、2回手を打つ、③胸の高さで両手を合わせ、目を閉じてお祈り(お願い事があれば、ここでお祈りします。)、④神様へ向けて、深いお辞儀を1回、というのが一連の作法になります。
ちなみにタケちゃんたちがお賽銭(お金)を箱に投げ入れいていますが、これは「日ごろの感謝の気持ち」を神様に伝える意味があります。金額はいくらでも構いませんが、神様にお願い事を叶えてもらうための対価として納めているわけではないので、意味をはき違えないように気をつけましょう。タイミングとしては、二礼二拍手一礼の前にお賽銭を賽銭箱に投げ入れます。
神社の参拝はお正月に限らず、基本的にいつ参拝しても構いません。神社は神聖な場所でたくさんのエネルギーをいただける場所です。新しいことに挑戦する時や、逆に落ち込んでいる時など、心機一転気持ちを切り替える時に行ってみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる