例え漫画家でも、そこにサインはダメですよ!!

目次

旅行や観光が大好きなタケちゃん。なんと松子さんと念願の鎌倉へ旅行♪鎌倉のシンボルである大仏を前にテンションMAXの2人。旅の記念によからぬことを思いついてしまったようです……。

執事マナのワンポイント解説
知らなかった!砂の上の落書きも禁止だった?
タケちゃんと松子さんは大仏を見に来たようですね。こういった観光地の建造物や仏像などの展示物を実際に見ると感動しますよね。現地に行くことで、建造物であれば建造物の、仏像であれば仏像の、その歴史を感じることができます。それに、作品を通して作者が何を表現したかったのかを見出すことも、歴史的建造物の魅力ですよね。しかし、せっかく観光に来たのに、仏像などの展示物に落書きがしてあったら楽しみも半減してしまいます。
来訪した記念にと軽い気持ちで落書きをしてしまうと、大変な事態を招くかもしれません。落書きの程度にもよりますが、拘留または罰金が科せられます。珍しい例でいうと、鳥取砂丘の砂の上に落書きをすることは条例で禁止されています。すぐに消えてしまうから大丈夫だと思うでしょうが、落書きに素材は関係ありません。知らなかったではすまされないので、観光の際は十分に気を付けましょう。また、むやみやたらに遺跡や文化財を触ってしまい、破損させてしまう行為も後を絶ちません。最近ではこのような観光がもたらす問題を「観光公害」と呼んでいます。(英語ではOver tourismと表記されています。)
何年もの長い間人々が守ってきた大切な遺産は、これからも未来に残していかなければなりません。そのものの価値が分かっていれば、落書きなんて絶対にしないと思います。観光の際は礼節を持つことが大切ですね。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる