二度漬けが禁止されている大阪のソウルフードとは?

目次

大阪のソウルフードの一つ「串カツ」!さすがタケちゃんたち食通ですね~。美味しくて次から次へと食べていますが、あれ?もしやタケちゃん食べかけの串カツを漬けてませんか?

執事マナのワンポイント解説
二度漬け禁止!?串カツのルールとは?
日本の第二の都市と言えば大阪です。大阪には大型テーマパークのUSJやショッピングモールをはじめ、おいしい食べ物もたくさんあり、外国人観光客からの人気が高い都市です。食事を楽しみたい方は、大阪のシンボル通天閣の足元に広がる繁華街の新世界に行く人が多いと思います。その新世界の名物グルメと言えば・・・そう!「串カツ」です。串カツは肉や野菜などを串に刺し、衣を付けて油で揚げた料理です。一つ一つが小さいので、お腹のすき具合に応じて注文できるのが魅力です。
さて、その串カツですが、食べる上で大切なルールがあるんです。それはソースに二度漬けしないというルールです。通常、串カツ屋では各席に容器に入ったソースが用意されています。そのソースは他の人と共有するため、衛生上の観点から二度漬けが禁止されています。また、タケちゃん達のように大量にソースをかけるのもルール違反です。お店によっては専用のスプーンが用意されているので、ソースをたくさんかけたい人はスプーンを利用しましょう。もしくは、付け合わせで出てくるキャベツでソースをすくってかけるお店もあります。初めての場合はそのお店のルールを聞いてみてもいいかもしれませんね。
ちなみに、あるお店では200種類を超えるメニューがあるくらい、串カツの具材は豊富です。リンゴやチョコレートなどのデザート串もあるので、いろんな具材を食べるのも楽しそうですね!

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる