スキー場のコースでコメマル君が失踪……!?

目次

家族でスキーを楽しんでいるコメパパ一家。コメマル君は疲れてコースの途中で休憩しているようですが、休憩はそこでしない方がいいんじゃないかな?

執事マナのワンポイント解説
安全第一!コース上で気を付けたいこととは?
日本に来る旅行客の中には、スキーを目的としている人が多くいらっしゃいます。日本は面積が小さい割にスキー場数は世界でもトップクラスに多く、北は北海道から南は九州の宮崎県までスキーが楽しめます。コメマルファミリーはみんなスキーが上手なので、ひょっとしたらスキーがしたくて日本に来たのかもしれませんね。
さて、コメマル君、コースの途中で疲れて休憩していますが、コースの途中で止まるのは大変危険です。傾斜があるところで止まっていると、角度によっては上から滑ってくる人から発見されにくく、衝突事故を起こす可能性があります。上級者コースでは傾斜はさらにきつくなり、滑る速度も速いため、衝突事故はかなり大きいものとなりえます。また、天候により視界が悪いと、近くに行くまで人がいることに気が付きません。気付いた時には衝突していたなんてことにならなように、コースの途中で休憩する場合は、みんなが滑らないコースの端まで移動してから休むようにしましょう
スキー場で起こる事故は小さな怪我にとどまらず、命にかかわることがあります。自分は滑るスキルが高くても、今日初めて滑る人もゲレンデにはいます。同じ危険な状況でも上手に回避できる人とそうでない人がいます。お互いに事故を起こさない為に、マナーとルールをしっかり守る必要がありますね。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる