【北海道】のぼりべつクマ牧場でクマのファミリーに癒される

目次

登別といえば「のぼりべつクマ牧場」!

Komemama

来週は待ちに待った登別温泉への旅行ザマス!

Chu~bei

登別といえば「のぼりべつクマ牧場」も外せないでちゅ♪

Komemaru

あこがれの北海道でち~!

ロープウェイで一気に山頂へ!

Mana

のぼりべつクマ牧場は標高550mの山の上に広がるヒグマ専門の牧場で、約70頭がのびのびと暮らしています。

Komemaru

どれどれ、へぇー!全長1,260mをロープウェイに乗って一気に山頂まで上がれるんでちか!空中散歩から始まるんでちね♪

Chu~bei

ちなみにロープウェイの所要時間は約7分で、乗車料金は入場料に含まれていまちゅ♪

Mana

1957年の創業当時、日本で2番目となる3線自動循環式ロープウェイを導入し「スリル満点!空中ケーブルカー」と称して大勢の人でにぎわいました。

Mana

その翌年に「北海道のヒグマを保護したい」という思いから、8頭の野生の子グマを飼育しだしたのが「のぼりべつクマ牧場」の始まりなんですよ。

歴代ボスに学ぶクマ社会もまるで人間?

Komemaru

70頭ものヒグマがいたら学校みたいでち。ケンカもするんでちか?

Chu~bei

歴代ボスがケンカの仲裁をするんでちゅよ。

Mana

その通りです!クマ社会にもボスがいて群れをまとめています。毎年春から夏の恋の季節にボス争いが勃発し、群れの中で一番ケンカの強いクマがボスになるんです。若いクマから信頼の厚いボスや「和」を重んじるボスなど、ボスによって性格がまったく異なりますよ。

komepapa

トップを争って政権交代するなんて、人間みたいでござる!

「ヒトのオリ」で大迫力のエサあげ体験!

Chu~bei

2021年9月現在のボスは15歳の「ダイキチ」でちゅ♪480㎏級の巨体で気性が荒くって無敵なんでちゅよ!

Komemaru

お~!かっこいいでち。

Mana

そんなオスグマたちを目の前で見ることもできます。クマに取り囲まれて人間が檻の中に入っているような造りの「ヒトのオリ」なら、間近にせまってくるヒグマが大迫力です!

Chu~bei

ガラス窓の下から筒状ポンプでエサをあげられるでちゅ♪

komepapa

ガラス越しとはいえ、目が合うとドキッとするでござる!

総選挙でセンターを争う「神セブン」

Komemaru

メスのヒグマはどうして手を挙げたり二本足で立ったりしているでちか?

Chu~bei

餌をおねだりしてるでちゅよ♪

Mana

メスはとっても個性的で、自分をアピールしてエサをもらいます。中には寝っ転がってV字バランスしたり、くるっと一回転したりと愛嬌たっぷり!

Mana

毎年、来場者による投票で人気のトップ7を決める総選挙が行われ、一番人気はポスターやクリアファイルのセンターを飾れるんですよ。

Komemama

「神セブン」に選ばれると、1年間を華々しく活躍できるってわけザマスね!

ぬいぐるみ!?のようなかわいい子グマ

Komemaru

ぬいぐるみが動いた!?

Mana

いえいえ、これはヒグマの子どもですよ♪

Komemama

子グマが生まれた年は、5月~11月下旬に子グマの成長していく姿を見ることができるんザマスね。

Chu~bei

世界で初めてヒグマの多頭集団飼育に成功してる「のぼりべつクマ牧場」ならではでちゅ♪

Komemaru

とってもかわいいでち☆

ヒグマって冬は冬眠しているの?

komepapa

ヒグマは冬眠するから、冬は見られないでござるか?

Mana

そうですね、野生のヒグマは「冬ごもり」といって、12月から4月頃まで巣穴にこもってしまいます。しかしのぼりべつクマ牧場では、冬にもエサをあげているので冬ごもりはしませんよ。

Chu~bei

ただ、食欲が減って、秋の3分の1ほどしか食べないでちゅ!

Komemama

冬モードのヒグマもかわいい ザマスね。

アヒルレースで白熱だ!

Komemaru

こっちにはアヒルもたくさんいるでち!

Mana

そうなんです!随時アヒルレースが行われていて、1着のアヒルを的中させればオリジナルグッズがもらえますよ。

Komemama

アヒルの首に巻いたリボンを目印に応援するザマスね!アヒルさん、がんばって♡

komepapa

一羽につき200円でレースに参加できるでござるか!気合いが入るぞよ。

アイヌ文化を体験できるユーカラの里

Mana

ところで北海道には独自の文化を持ったアイヌ民族がいるのをご存じですか?

Komemaru

え~っ、知らなかったでち!

Chu~bei

日本語とは異なる「アイヌ語」や音楽、自然界に存在するすべてのものに魂が宿るとする宗教観など、固有の文化を持っているでちゅ。

Mana

のぼりべつクマ牧場にはアイヌ文化を体験できる「ユーカラの里」があるんですよ。明治初期の生活様式を忠実に再現していて、生活道具や独特な柄のアイヌ文様などを見ることができます。

Komemama

アイヌ文様の貸衣装があるザマス!着て写真を撮りたいザマス♪

≪ユーカラの里≫
住所:のぼりべつクマ牧場内
入場料:無料
貸衣装料金:500円/1人
営業期間:5月1日~10月20日 ※冬季休業

お土産ショップもユニークなクマ三昧!

Komemama

ヒグマも人間みたいでかわいくて、愛情がわいてきたザマス。

Chu~bei

クマ好きの聖地ともいわれていて、ユニークなお土産もたくさん揃っているでちゅ♪

Komemaru

このシャツはシャレがきいてるTシャツでち!

Mana

ロープウェイの山麓駅と山頂で、クマをモチーフにした楽しいお土産が買えますよ。

≪のぼりべつクマ牧場≫
住所:北海道登別市登別温泉町224
営業時間:9:30~16:30(最終入園15:50)
定休日:不定休(悪天候によるロープウェイ運休中止やロープウェイ法定検査による休園期間など)
※春夏秋冬毎日、年中無休で営業
料金:大人2,650円、小人(4歳~小学6年生まで)1,350円、3歳以下は無料。
※ロープウェイ乗車料金を含む

まとめ

ほかにもヒグマの一生がよく分かる「ヒグマ博物館」や、展望台から日本屈指の透明度を誇る湖「クッタラ湖」が見られるなど見どころがいっぱいです!登別温泉に行くなら、ぜひ「のぼりべつクマ牧場」も訪れましょう♪

【最寄り空港からのぼりべつクマ牧場までの交通アクセス】
新千歳空港~登別温泉バスターミナルまで高速バスで1時間10分ほど (要予約) 
登別温泉バスターミナル~のぼりべつクマ牧場まで徒歩で5分ほど
※ 登別温泉街からロープウェイ乗り場まで、無料の送迎シャトルバスを利用できます。(道南バス登別温泉ターミナル・登別国際観光コンベンション協会または登別温泉宿泊ホテルのフロントにてご確認ください。)

ライター:ぷれな
【写真提供】
のぼりべつクマ牧場

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる