【北海道】北海道スキー場特集!2021年~2022年版☆

目次

冬の北海道と言えば?

Mana

ルルさん、冬の北海道といえば何を思い浮かべますか?

Lulu

そうですね~。雪がたくさん積もってあたり一面の雪景色…その寒い中で食べる温かいラーメンに海鮮丼、それにジンギスカンでしょうか…

Lulu

あっ!やっぱりカニかな~石狩鍋やスープカレーもいいな~♪他には…え~っと…

Mana

ちょ、ちょっと待ってください。ルルさんは食べ物のことばかりですね…。確かに冬の北海道グルメも外せませんが、今回は北海道のおすすめのスキー場をご紹介させてください。

Mana

北海道には国内でも有数の雪質を誇るスキー場がたくさんあり、スケールが大きくコースも多彩なんですよ!!

Lulu

なんだかスゴそう!ワクワクしてきました♪

Mana

そうですよね。それではさっそく北海道最大級のスキーリゾートの数々を見ていきましょう!

ルスツリゾート

Mana

まずは「ルスツリゾート」をご紹介します。ルスツリゾートは、札幌市内からも、新千歳空港からも車で約90分。北海道最大級のオールシーズンリゾートです。

Mana

冬は、3つの山頂に4つのゴンドラと14のリフトが設置され、誰でも安心して滑ることのできるワイドな緩斜面から上級者を満足させるアグレッシブなバーンまで37ものコースがレイアウトされています。

Lulu

スゴ!初心者から上級者の方まで楽しめるスキー場なんですね~!

Mana

そうなんです。それに、ルスツの雪質は日本海側から流れ込む湿気を羊蹄山(ようていざん)が遮っているため、雪質は羊蹄山よりも日本海側にある山々よりも際立ってドライなのが自慢です。

Mana

12月~2月は断続的な降雪により、毎日のようにリセットされてパウダーライドが楽しめます。

Lulu

サラッサラの雪なんでしょうね。私もこの雪の上で滑ってみたいな~。

Mana

そのほか、さらさらな粉雪が降り積もるルスツリゾートの銀世界ではスキーやスノーボードだけではなく、北海道ならではのさまざまな雪遊びを楽しめますよ。

Mana

スノーモービルや犬ぞりで走ったり、ふかふかな雪原の中で乗馬をしたりトレッキングをしたりなど多彩なプログラムで北海道ならではの冬の大自然を体感できるんです。ぜひゲレンデとはひと味違った雪遊びも楽しみましょう。

Lulu

ルスツリゾートはスキー以外の楽しさも満載なんですね!

≪ルスツリゾート≫
住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
ゲレンデ営業期間:2021/11/27予定~2022/4/3 ※積雪状況により変動あり    
ゲレンデ営業時間:9:00~20:00(ナイター16:00~)  
         ※シーズン始めと4月は 9:00~17:00(ナイターなし)                                           
チケット料金:1日券(窓口購入)6,500円/大人、3,500円/小人(4~12歳)
       1日券(web購入)6,200円/大人、3,200円/小人(4~12歳)
       4時間券(窓口購入)5,400円/大人、3,100円/小人(4~12歳)
       4時間券(web購入)5,100円/大人、2,800円/小人(4~12歳)
       ※その他のチケット詳細は、HPを参照
レンタル料金:スタンダードモデル/1日フルセット(板、ブーツ、ウェア、帽子、ゴーグル、グローブ)
13,700円/大人、10,600円/小人(小学生以下)
       ※その他のレンタル料金は、HPを参照

星野リゾート トマム スキー場

Mana

続いてご紹介させていただくのは「星野リゾート トマム スキー場 」です。トマム スキー場 は、「タワーマウンテン」と「トマムマウンテン」の2つの山をまたぎ、6つのリフトと 29のコースを有するスノーリゾートです。

Lulu

こんなにもたくさんのコースがあれば、どんなスキーヤー、スノーボーダーの方も満足できちゃいますね!

Mana

そうなんですよ。さらにアドベンチャーマウンテンと呼ばれるアトラクションゲレンデでは、様々なアトラクションを通して子どもの冒険心や好奇心、チャレンジ精神を刺激して、楽しみながらスキーのスキルをあげることができます。

Mana

その他にも「霧氷テラス」、氷の街「アイスヴィレッジ」、日本最大級のインドアウエーブプール「ミナミナビーチ」など、滑らなくても楽しめる施設やアクティビティがたくさんありますよ!

Lulu

うわ~!幻想的で素敵ですね~

Mana

また、ゲレンデの中腹にはスキーインスキーアウトヴィレッジ「ホタルストリート」という施設があります。そこでは食事や買い物を楽しめるさまざまな店舗が並びスキー、スノーボードで滑りながらアクセスできるんです。

Mana

ゲレンデのすぐ横には、旅行目的に合わせて選べる宿泊施設「リゾナーレトマム」と「トマム ザ・タワー」やレストラン、アクティビティも多数ありますよ。

Lulu

わたしトマム ザ・タワー に泊まってみたいです~♡

≪星野リゾート トマム スキー場≫
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム 
ゲレンデ営業時間:・日中営業:9:00~16:00 (2021年12月1日〜2022年4月4日) 
・ナイター営業時間:16:00〜18:00まで(2021年12月26日~2022年3月
31日※積雪状況により変更あり)
チケット料金:1日券5,900円/大人、3,900円/小人(小学生以下)
4時間券5,000円/大人、3,200円/小人(小学生以下)
未就学児無料
レンタル料金:1日レンタル(スキー3点・スノーボード2点セット)5,900円/大人、4,500円/小人(小学生以下)

キロロリゾート

Mana

次は「キロロリゾート」をご紹介させていただきます。キロロリゾートは、新千歳空港から100分、札幌市内からだと60分でアクセスでき、観光で有名な小樽からは30分と立地の良さも魅力ですね!

Mana

完璧なパウダースノーとウィンターシーズンの長さで多くのスキーヤーたちに愛されています。また、ICカードを採用したリフトのオートゲートシステムでも人気なんですよ。

Lulu

ICカードがあればリフト券をわざわざ見せなくてもいいので、快適かつスムーズですね♪

Mana

シーズン中はトッププレイヤーのレッスンや英語で教わることもできるスキー&スノーボードスクール、ヨーロッパ最大級の子ども専用スキー&スノーボードスクールのメソッドを取り入れたキッズスクールもあるんですよ!

Lulu

初めてのスキー、スノーボードでも安心してチャレンジできるように、国外のお客様の対応もしっかりしているんですね!

Mana

そうなんです。さらに、北海道トップクラスの長さを誇る3300mのキロロゴンドラや全23の爽快なコースレイアウトは初心者から上級者、エキスパートまでどんな方でも大満足間違いなしです!

Mana

現在、冬だけでなくその他の季節も滞在を楽しめるリゾートとして人気上昇中で、アジア屈指のオールシーズン型リゾートとして成長しています。

Lulu

積雪量も多いんですよね!世界屈指のパウダースノーにダイブしてみたいです♡

≪キロロリゾート≫
住所:北海道余市郡赤井川村常盤128番地1 
ゲレンデ営業期間:2021/12/4~2022/4/3(予定)
ゲレンデ営業時間:9:00~16:00(ナイター営業は金・土・祝前日と12/24~1/3の毎日運行)
チケット料金:1日券 大人 5,900円 シニア・ユース 5,200円 小人 3,100円
レンタル料金:1日フルセット (板、ブーツ、ウエアなど)大人 8,700円 小人 6,700円

富良野スキー場

Mana

続いてご紹介させていただくのは「富良野スキー場」です。

Lulu

うわー雪煙がすごい!!

Mana

そうでしょ!富良野スキー場は北海道屈指のパウダースノーが魅力なんです。富良野ロープウェーが架かる富良野ゾーンと北の峰ゴンドラが架かる北の峰ゾーンのふたつの山からなる広大なエリアに全28コースもの多彩なコースがあり、最長滑走距離はなんと約4,000mにもなります。

Lulu

4,000m!!滑りごたえがありそうですね☆

Mana

バリエーション豊富なコースレイアウトは、どんなレベルの人も魅了します。しかも見てください!富良野ゾーン山頂からは視界一面に大雪山の絶景が広がっています!この絶景を眺めながら快適な滑りを楽しむことができますよ。

Lulu

絵に描いたような景色・・・心奪われちゃいそうです~。

Mana

また、富良野ゾーンの麓にはスノーラフティングやスノーバナナボートなど、スノーアクティビティが楽しめる「わくわくファミリースノーランド」がありますよ。

Lulu

小さなお子さまも大満足ですね!

≪富良野スキー場≫
住所:北海道富良野市中御料 
ゲレンデ営業期間: 2021/11/20~2022/5/8(予定)※春営業期間 2022/3/22~5/8
ゲレンデ営業時間:8:30~16:30または日没(ナイター16:30~19:30)
チケット料金:1日券6,000円/大人、無料/小人(小学生以下)、5,400円/シニア
       5時間券5,200円/大人、無料/小人(小学生以下)、4,600円/シニア
      ※要年齢確認
レンタル料金:1日スキー&ウエアセット 9,800円/大人、6,600円/小人(中学生以下)

十勝サホロリゾート

Mana

最後にご紹介させていただくのは「十勝サホロリゾート」です。十勝サホロリゾートはサホロ岳の麓にあり、トマムインターや十勝清水インターから車で約30分の場所にあります。

Mana

ルルさん、この景色素敵でしょう?

Lulu

はい、圧巻の景色に驚きです!!

Mana

そうですよね。冬季は「サホロリゾートスキー場」をメインにしたスノーリゾートとして、夏季はヒグマのサファリパーク「ベア・マウンテン」と「サホロカントリークラブ」、その他にもカヌーやラフティング等の遊びのベースとして利用できる総合リゾートなんです。

Mana

このサホロ岳山頂から豪快に広がるコースと、自慢の雪質は多くのプレーヤーを魅了しています。人気の非圧雪ゾーンは上級者限定ですが、このコースを滑りに各地から多くの人が訪れるほどなんですよ。

Lulu

山頂から滑り降りるのは気持ちがいいでしょうね~!

Mana

ゲレンデレストランのメニューは量も味も良く、しっかりと滑ってしっかりと食べたい方にはオススメです。

Mana

また敷地内のサホロリゾートホテルで楽しむ日帰り入浴では話題の十勝サウナもあり、疲れた身体をケアできます。リフト券購入者は通常料金の半額で利用する事ができるんですよ!

Lulu

たくさん滑って、たくさん食べて、ゆっくり癒されるなんて最高ですね♡

≪十勝サホロリゾート≫
住所:北海道上川郡新得町狩勝高原
ゲレンデ営業期間:2021/12/1予定~2022/3/31 ※積雪状況により変動あり  
ゲレンデ営業時間:9:00~18:00(ナイター16:00~)予定
※12/1~12/24、3/21~3/31は 9:00~16:00(ナイターなし)予定
チケット料金:1日券(窓口購入)5,800円/大人、4,600円/小人(4~12歳)シニア(60歳以上)
1日券(web購入)5,600円/大人、4,400円/小人(4~12歳)シニア(60歳以上)
4時間券(窓口購入)4,800円/大人、3,800円/小人(4~12歳)シニア(60歳以上)
4時間券(web購入)4,600円/大人、3,600円/小人(4~12歳)シニア(60歳以上)※その他チケット詳細はHP参照
レンタル料金:スタンダードモデル/1日フルセット(板、ブーツ、ウェア、帽子、ゴーグル、グローブ)
11,900円/大人、8,330円/小人(小学生以下)※その他レンタル料金はHP参照

まとめ

冬の北海道はウィンタースポーツの宝庫です!!今回ご紹介させていただいたスキー場以外にも北海道には素敵なスキー場がたくさんあります。世界屈指のパウダースノーを存分に楽しんでくださいね!それに忘れちゃいけないのが、北海道グルメです!新鮮な魚介にラーメン、ジンギスカンも外せませんね。嬉しい♪楽しい♪が詰まった北海道にまだ行ったことのない方は今年の冬こそ是非訪れてみてくださいね。

ライター:tana
【写真提供】
ルスツリゾート
株式会社星野リゾート・トマム
キロロリゾートホールディングス株式会社
十勝サホロリゾート

北海道のおすすめ宿情報

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

目次
閉じる