【神奈川】箱根の魅力をエリア別でご紹介!①

目次

『箱根湯本』『宮ノ下・小涌谷』『強羅』のおすすめ観光情報

Mana

ルルさん、神奈川県南西部に位置する「箱根」は、日本を代表する人気観光地ですよね。

Lulu

はい、そうです。温泉はもちろん、美術館や寺社仏閣などの観光スポットから、高原などの大自然まで、エリアによって多彩な魅力がありますね。

Mana

では、今回は一緒に「①箱根湯本」「②宮ノ下・小涌谷」「③強羅」の観光情報をご紹介していきましょう。

Lulu

マナさん、特徴を教えてください。

Mana

①箱根湯本エリアは、古くから栄えた、温泉宿と商店で賑わう箱根の玄関口です。

Mana

②宮ノ下・小涌谷エリアは、明治時代から外国人のリゾート地としても栄えたレトロな雰囲気の町。人気温泉アミューズメントパーク「箱根小涌園ユネッサン」など幅広い世代が楽しめるスポットがあります。

Mana

③強羅エリアは、SNSでも話題の美術館や箱根強羅公園など落ち着いた時間を過ごせるレジャースポットが揃います。

Lulu

東京からも最速73分とアクセスしやすいので、週末旅にも本当におすすめですよね。

箱根の玄関口『箱根湯本温泉』

Mana

箱根といえば、やっぱり温泉ですよね!国内屈指の湯量を誇ります。あちこちに温泉街があり、「箱根湯本」「塔之沢」「宮ノ下」「堂ヶ島」「底倉」「木賀」「芦之湯」「姥子」「二ノ平」「小涌谷」「大平台」「強羅」「宮城野」「仙石原」「湯ノ花沢」「芦ノ湖」「蛸川」「早雲山」「大涌谷」「湖尻」とその数は20にものぼります。

Lulu

そのなかでも「箱根湯本温泉」は最も古く、なんと1200年(!)もの歴史があるんですよね。

Mana

泉質は塩化物泉が多く、冷え性、肩こりに効くのだそうですよ。

Lulu

あと、マナさん、箱根湯本はお土産店や飲食店、宿泊施設も充実していて、箱根で一番にぎやかなエリアですよね。

Mana

そうです。箱根湯本駅は小田急ロマンスカー、箱根登山鉄道、箱根登山バスなどの交通機関が集まり、箱根の玄関口としても知られています。新宿発の小田急ロマンスカーなら、乗り換えなしの最速73分で到着します。

Lulu

日帰り温泉施設も多いので、気軽に温泉を楽しめますよね。

箱根の癒しスポット『箱根強羅公園』

Lulu

色とりどりの花々が素敵ですよね!

Mana

はい。「箱根強羅公園」は1914年に開園した100年以上の歴史を持つフランス式整型庭園。春は桜、夏はあじさいや鮮やかな新緑、秋には紅葉、冬はポインセチアに雪景色など、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれます。「熱帯植物館」では、めずらしい熱帯植物も楽しむことができますよ。

Lulu

マナさんはご存じでしたか?箱根強羅公園では、いろいろな体験もできちゃうんですよ。「白雲洞茶苑」は大正時代の茶人たちによってはじめられた茶室。お抹茶と和菓子付きで1回700円と気軽に日本文化体験ができます。「箱根クラフトハウス」では、陶芸やガラス玉作り、吹きガラス体験など、モノづくりの楽しさを体感できます。そのほかにもカフェやレストランなどのお食事スポットも。大人から子どもまで楽しめる観光名所なんですよ。

≪箱根強羅公園≫
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
入園料:550円(大人)

SNSでも大人気!『彫刻の森美術館』

Mana

キラキラと輝くステンドグラスが、とっても幻想的ですよね!

Lulu

彫刻の森美術館」ですね。

Mana

はい。1969年に開館した日本初の野外ミュージアムです。箱根の山々に囲まれた広い庭園には、約120もの国内外の彫刻家の作品が展示されている場所です。

Mana

そのなかでも一番人気が、写真の「幸せをよぶシンフォニー彫刻」です!塔の中に入ると…らせん階段と色鮮やかなステンドグラスの光に包まれます。とっても幻想的で、万華鏡の中に迷い込んだようですよ。塔の上まで登ることもでき、18mの高さから屋外展示場や箱根の山々を眺められます。

Mana

そのほかにも敷地内のいろいろな場所に彫刻が展示されているので、散策しながら写真撮影も楽しめますよ。

Lulu

箱根の雄大な自然の中で、アートも楽しめる贅沢なひとときを過ごせちゃいますね。

≪彫刻の森美術館≫
住所:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
開館時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
入館料:1,600円(一般)

色鮮やかなあじさいが咲き誇る『あじさい電車』

Mana

箱根観光に欠かせない「箱根登山電車」。箱根湯本駅から強羅駅までの約40分間、箱根の山を登っていきます。6月中旬から7月中旬になると沿線にはあじさいの花が咲き誇り、「あじさい電車」の愛称で親しまれていますよね。

Lulu

はい。標高差が400m以上あるので、あじさいの花を長い期間楽しめるのも箱根登山電車ならではの特長ですよね。

Mana

18時半~22時の夕暮れ時から夜にかけては、箱根湯本駅付近や小涌谷駅付近など沿線6カ所で夜間ライトアップも行われます。昼間とは異なる幻想的な雰囲気もいいですよ。

Lulu

車窓からあじさいを眺めて、箱根の風物詩を楽しむなんて最高ですよね。

アツアツ!箱根・強羅名物の絶品グルメ

Lulu

マナさん、お腹空いていませんか?

Lulu

こちらが強羅エリアで大人気のグルメ「田むら銀かつ亭  本店」の「豆腐かつ煮定食」です。老舗豆腐店「箱根 銀豆腐」の豆腐に豚ひき肉をはさんで揚げた豆腐かつを、土鍋で煮込みます。

Mana

豆腐かつって珍しいですよね。

Lulu

お豆腐は、特別に作ってもらっている「絞り豆腐」だそうです。玉ねぎの甘さとサバ節の出汁が豆腐かつに染みて、ご飯ととっても合います。ボリュームも満点で大満足間違いなしの名物グルメなんですよ。

≪田むら銀かつ亭  本店≫
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-739
営業時間:11:00~14:30(受付終了)、17:00~19:00(受付終了)
定休日:水曜日・火曜日夜の部
料金:豆腐かつ煮定食 1,518円

こだわり卵の濃厚プリン『箱根プリン』

Mana

卵形のビジュアルがとてもキュートですね。

Lulu

箱根湯本駅内の「箱根カフェ」で販売されている「箱根プリン」です。こちらは神奈川県相模原の養鶏場「コトブキ園」で生産された長壽卵(ちょうじゅらん)と新鮮なミルクを使った人気商品です。濃厚な味わいとなめらかな口当たりで、老若男女問わず親しまれている絶品プリン。店舗は駅ナカなので、旅の前後や、ひと休憩したい時におすすめです。

≪箱根カフェ≫
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本707 箱根湯本駅構内
料金:箱根プリン350円(税込)

ヒーリングスポット『千条の滝』

Lulu

ここはマイナスイオンをたっぷり浴びられそうな場所ですね。

Mana

そうですね。「千条(ちすじ)の滝」は、ハイキングコースとしても人気の小涌谷「蛇骨川」の上流にある滝です。約3mの高さから幅20mに渡り、幾筋にも分かれて水が流れ落ちる様子からこの名がついたそうです。めずらしい繊細な滝は一見の価値ありです!秋は紅葉スポットとしても有名で、モミジやカエデが色鮮やかな姿を見せてくれます。7月頃にはゲンジボタルも飛び交い、都会ではなかなかお目にかかれない幻想的な光景に出会えますよ。

Lulu

自然の中で癒しの時間を過ごせますね。

温泉で遊べちゃう!?『箱根小涌園ユネッサン』

Lulu

箱根小涌園ユネッサン」は大人も子どもも楽しめる大人気温泉アミューズメントパークですよね。

Mana

水着で遊べる屋内・屋外エリアでは「ワイン風呂」や「本格コーヒー風呂」などのバラエティ豊かな温泉や大型ウォータースライダー、超絶景展望露天風呂では相模湾まで望めますよ。

Lulu

屋内エリアもあるので、天気を気にせず思いっきり楽しめますね!

Mana

もし、のんびりくつろぎたいならユネッサンに隣接した本格温泉「元湯 森の湯」ですよ。

Lulu

庭園露天風呂や陶器風呂などのお風呂が楽しめますし、落ち着いた空間でリフレッシュできますね。日帰り温泉なので、1日遊んだあとに訪れるのもいいですね。

≪箱根小涌園ユネッサン≫
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
営業時間(水着エリア):平日10:00~18:00(最終入場 17:00)、土日9:00~19:00(最終入場 18:00)
通常料金(水着エリア):2,500円(大人)、1,400円(こども)

便利でお得な『箱根フリーパス』

Mana

ルルさん、ご存じでしたか?小田急電鉄から発売されている「箱根フリーパス」を利用すれば、便利でお得に箱根観光が楽しめちゃうんですよ!

Mana

箱根登山鉄道や箱根登山バス、ロープウェイなど、8つの乗り物が乗り降り放題になるだけではなく、温泉や観光施設など約70のスポットで優待・割引が受けられます。出発駅~小田原駅の小田急線区間の往復料金も含まれているので、かなりお得ですよ!(特急ロマンスカーは別途料金が必要。)

Lulu

箱根を思う存分満喫できますね。

Mana

そうなんです。料金は大人料金、新宿発の2日間有効が5,700円、3日間有効だと6,100円でとてもお得です。

観光に役立つ情報

箱根町観光協会公式サイト「箱根全山」は日本語・英語の2か国語に対応しています。また、「箱根町総合観光案内所」は箱根の玄関口の箱根湯本駅から徒歩1分!日本政府観光局(JNTO)のビジット・ジャパン案内所に認定されており、英語・中国語・韓国語でのご案内も可能です。パンフレットの種類も豊富で、12種類の通貨に対応した外貨自動両替機もあり、外国人旅行客の方にもうれしいサービスがたくさん揃っています。※中国語・韓国語のスタッフについては、常時出勤ではありません。

最寄り空港から箱根への交通アクセス
・羽田空港から箱根湯本駅まで電車で1時間45分ほど(乗り換えあり)

ライター:Pani
【写真提供】
箱根町 企画観光部観光課
公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団
株式会社田むら銀かつ亭
株式会社小田急リゾーツ
藤田観光株式会社

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる