【沖縄】カップルや女子旅におすすめ☆夏に訪れたい!沖縄のフォトスポット4選

目次

旅の思い出を形に…

Mana

せっかく旅行をするなら、楽しい旅の思い出を形に残したいですよね。今回は、夏に訪れたいリゾート沖縄の「夏にこそ映えたい」フォトスポットをご紹介!

Lulu

素敵な写真を撮って、みんなに自慢しちゃいましょう♪

空と海の青にピンクが映える♡『あざまサンサンビーチ』

Mana

沖縄県の南部にある「あざまサンサンビーチ」には、2つのフォトスポットがあります。

Lulu

1つ目のフォトスポットが、透き通る程のダイヤモンドブルーにピンクのハートが映える「ティーダの鐘」。恋愛成就のパワースポットでもあり、この鐘を鳴らしに多くの方がいらっしゃるんだそうです。

Mana

2つ目のフォトスポットは、砂浜に設置されたブランコです。真っ白な砂浜で青い空に向かってブランコを漕ぐと気分も爽快!爽やかな写真を撮ることが出来ますね。

≪あざまサンサンビーチ≫
住所:沖縄県南城市知念安座真1141 3

アートが映える『美浜アメリカンビレッジ』

Mana

まず初めにご紹介する場所は「美浜アメリカンビレッジ」です。ポップでカラフルな建物やお洒落なウォールアートが点在しており、いまや女子旅の定番スポット!

Lulu

カメラを片手に歩いている人たちが大勢いらっしゃいますね。

Mana

なかでも有名な「天使の羽」は、実は隠れた場所にあるレアスポット!なかなか辿り着ける人がいない穴場なんです。

Lulu

デポアイランドシーサイド沿いの建物の2階にあります。1階からでも人が集まっている場所が見えると思いますので、諦めずに探してみてくださいね。

≪美浜アメリカンビレッジ≫
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9−1

水中カメラで映える『青の洞窟』

Mana

真栄田岬にある「青の洞窟」は、太陽の光が差し込むことで青くきらめく洞窟が見られる人気スポット。水中カメラがあれば、幻想的で美しい光景を自分の手で写真に収めることが出来ます。

Mana

一番手軽に青の洞窟へ行く方法は、スノーケリングやダイビングのツアーに参加すること。水深はそんなに深くないのでダイビング初心者でもトライできますが、潜るのが不安な方はスノーケリングツアーに参加しましょう。

Lulu

ライフジャケットを着用するので、泳げない方でも安心ですね。

Mana

また、無料で写真撮影のサービスがついているツアー会社もありますので「水中カメラなんて持ってないよ!」という方でも、青の洞窟での写真を残すことが出来ますよ。

≪青の洞窟≫
住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田469−1

サンセットが映える『瀬底ビーチ』

Mana

本島と橋で結ばれている瀬底島(せそこじま)には、沖縄一美しいと言われる瀬底ビーチがあります。遠浅のロングビーチで、全長はおよそ800m!天然の白い砂浜と透明度の高い海のコントラストが素晴らしいんですよ。

Lulu

どこを切り取っても絵になるビーチとはまさにこのこと!瀬底島は本島と瀬底大橋で繋がっていますので、車があれば気軽に訪れることが出来ます。

Mana

バスでも行くことは出来ますが、レンタカーがあると便利ですよ!

Mana

瀬底ビーチと言えばサンセットもおすすめです。オレンジ色に染まった海面がキラキラと輝いてとてもロマンティック…♡美しい光景をぜひ写真に収めてくださいね。

≪瀬底ビーチ≫
住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底5583−1

まとめ

魅力溢れる観光地・沖縄には、自然が生み出した絶景スポット、歴史が感じられる世界遺産、ジンベエザメのいる美ら海水族館など、まだまだ訪れてほしいスポットが満載!沖縄ならではのアクティビティやグルメも盛沢山ですので、そちらも併せて楽しんでくださいね。

≪最寄り空港から今帰仁村までの交通アクセス≫
・那覇空港から今帰仁村までバスで2時間22分ほど

ライター:Sally

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる