【和歌山】「串本海中公園」でダイビング体験!展望塔や観光船にも注目

目次

串本海中公園は家族にぴったり!

Komemaru

僕ちん、海で泳ぎたいでちー!!

Mana

どうしたんですか、コメマルくん。

komepapa

おお、マナよ。それがな、ちょっと家族で意見が割れているのでござる。

Komemama

だって私は海を眺めるのは好きですけど、日焼けするのは嫌ザマス。

Chu-bei

チューベイも泳ぎは無理でちゅ。兄ちゃま一人で行くでちゅ。

Komemaru

わああぁーん!!

Mana

皆さん落ち着いてください。それなら和歌山県にある「串本海中公園」に出かけてみてはいかがですか?

komepapa

公園でござるか?

Mana

はい。ただ公園といっても、水族館やダイビングなどの体験が一度に楽しめる複合施設なんです。観光船に乗って海に出ることもできますし、もちろんレストランもありますよ。

Komemaru

ん?ダイビング?!楽しそうでち!!

Komemama

観光船で船旅なんて優雅ザマスね♪

Chu-bei

チューベイも水族館なら行きたいでちゅ。

komepapa

よし、決まりぞよ!みんなの意見がまとまったところで、さっそく出発するでござる!

水族館は串本の海の生き物たちの楽園

Komemama

まー!鮮やかな熱帯魚たちがたくさん泳いでるザマスね。

Mana

ここは和歌山県串本の海中を再現した水族館です。すぐそばにある海水を汲み上げていて、日光もよく当たるように工夫されているんですよ。

komepapa

ほぉ~。実にたくさんの生き物がいるように見えるが、種類はどれくらいいるのでござるか?

Mana

約500種、5000点です。串本に暮らす生き物たちだけってところもすごいですよね。

Chu-bei

サンゴの種類もたくさんあるでちゅよ。

Chu-bei

ママ、これはウミバラと言うサンゴでちゅ。このウミバラは水族館でのサンゴの飼育記録が日本一なんでちゅ。最初は20㎝程度の大きさだったのが、今では1m以上になっているらしいでちゅ!

Komemama

あら、チューベイちゃんは物知りザマスね。

Komemaru

ひぃいっー!!!

komepapa

コ、コメマルどうしたでござるか?!

Komemaru

あ、あれぇ……

Mana

ウツボとウミヘビの仲間ですね。顔はちょっと怖いですけど大丈夫ですよ。

Chu-bei

奥にいる大きなクエの仲間は「タマカイ」でちゅ。

Komemama

あら、おいしそうザマスね~♪

ウミガメやサメに出会えるゾーン

Mana

コメマルくん、気を取り直してウミガメを見に行きましょう。

Komemaru

わぁ~ウミガメかわいいでち♪

komepapa

赤ちゃんから大人まで、たくさんのウミガメがいるでござるな。

Mana

こちらの水槽にいる赤ちゃんガメたちは、水族館で交尾・産卵・誕生した0~1歳の子ガメです。

Komemama

しくしく…さめざめ…

komepapa

今度はママか、どうしたのでござるか?!

Komemama

あまりに映像が美しくて…しくしく…

Mana

コメママが観ているのは3Dウミガメシアターの映像ですね。大画面を見ながら、まるで串本の海に入ったかのようなドラマチックな世界を楽しめますよ。

Chu-bei

一緒にアートギャラリーにも立ち寄るでちゅ。ここでは骨格化石から復元したアーケロンの実物大彫刻が常設展示されているでちゅ。

Komemaru

こっちにはサメやエイがいるでちよー!!

Mana

こちらは、トンネル型の大水槽ですね。メジナやアジなどの回遊魚もたくさんいますよ。

Chu-bei

ざっと数えて1300匹ってとこでちゅね。

Komemama

あとは売店でお土産を買ったらばっちりザマス~♪

Mana

さっきまで泣いていたのに……

海中展望塔で魚たちとのドキドキ対面

Mana

次は、海中展望塔に行ってみましょう。水深6.3mの海の世界が覗けますよ。

komepapa

水族館より近くてリアルな生き物たちを見られるのでござるな!

Komemama

ま~ステキね。珍しいカラフルなお魚たちもいっぱいいるザマス。

Mana

ここには、季節ごとに違った魚たちが集まってきます。春には黒潮に乗って南の方に暮らす魚たちもやってくるので、とっても鮮やかですよ。

Chu-bei

クマノミにブダイ、ハリセンボンなどなど。ホームページのお魚カレンダーをチェックするでちゅ。

Komemaru

わ、見てー!同じお魚さんが展望塔の周りにたくさん集まっているでちよ!!

komepapa

ぎょぎょ!!これは、メジナの群れでござるな?!

Mana

いえ、メジナの一種のグレですね。こうやってエサを貰いに集まってくるんですよ。

Chu-bei

本来グレは警戒心の強い魚なのに不思議でちゅね。

Mana

そうですね、こんな光景を見られるのもここだけかもしれませんね。

Komemama

せっかくだからエサやり体験もしていくザマス。

体験ダイビング&スノーケルに挑戦!

Komemaru

僕ちん、そろそろ海に入りたいでち!

Mana

それじゃあ、体験プログラムをチェックしましょう。ボートダイビングやビーチダイビングなどの本格的なメニューもありますが、初心者の方には体験ダイビングがぴったりですよ。

komepapa

ほほう。しかし本当に満足できる内容なのでござるか?

Mana

もちろんです!ここの体験ダイビングは、水中で息を吸って吐く練習だけじゃ終わりません。しっかり海中に潜って、サンゴや熱帯魚が暮らす世界を堪能できるんですよ。

Komemama

ママの分まで楽しんできてね、コメマル。

Komemaru

うう……いざ海の中に行くと思うと、なんだか怖くなってきたでち。

Mana

それなら、スノーケリングはいかがでしょう。顔を少しつけるだけで、ゴーグル越しに海の中が覗けますよ。

Komemaru

あ、それならできるでち!パパ、一緒にやるでち!

生きもの博士を目指す体験も!

Mana

体を動かす体験もいいですが、海の生態系に迫る体験もおすすめですよ。

komepapa

と、言うとどんな体験なのでござるか?

Mana

水族館での飼育体験や、ビーチで磯観察を楽しむ体験をチェックしてみてください。

Komemama

えっと。どうやら、専門の学芸員さんたちが解説してくれるらしいザマス。

Chu-bei

水族館のバックヤードも覗けるなんて貴重でちゅ。

Komemaru

思いっきり磯遊びできるこっちの体験も楽しそうでち!

komepapa

じゃあ、このお得な2つのセットプランにするでござる!

レストランで和歌山グルメに舌つづみ

komepapa

マナよ、そろそろお腹がすいてきたぞよ。レストランはあるでござるか?

Mana

はい、海中公園レストランの「アクロポーラ」に行ってみましょう。和歌山ならではのメニューが揃っていますよ。

komepapa

う~ん、海鮮丼に天ぷら、お造りなどたくさんあって迷うでござるな……

Komemaru

僕ちんは、まぐろ丼にするでち!

Komemama

ママはやっぱり和歌山ラーメンに決めたザマス♡

Chu-bei

チューベイのお子さまカレーには、イルカのごはんが乗っていてイカすでちゅ。

Mana

窓からは、先ほど行った海中展望塔も眺められますよ。ゆっくり和歌山の美味しさを味わってくださいね。

まるで潜水艦?!観光船で海中さんぽ

Komemama

お腹がいっぱいになったから、そろそろ船旅はどうザマス?

Mana

そうですね。半潜水型海中観光船「ステラマリス」に乗りに行きましょう。

Komemaru

わー!船の中に窓がいっぱいあって海の中がよく見えるでち!

komepapa

船で進みながら見る海中も、展望塔とはまたひと味違っていいでござるな!

Chu-bei

テーブルサンゴの群れがより間近に見えるでちゅ。圧巻でちゅね。

Komemama

串本の海は本当に、青く澄んでいてキレイザマスね~♪

Mana

観光のひと休憩にもいいですよね。

komepapa

「串本海中公園」は、みんなが満足できる場所でござるな!

≪串本海中公園≫
住所:和歌山県東牟婁郡串本町有田1157
営業時間:9:00~16:30(半潜水型海中観光船は10:00~15:00/ダイビングは9:00~17:00)
定休日:無休
料金:入場券(水族館と海中展望塔のセット)大人1800円、小・中学生800円、3歳以上の幼児200円ほか、入場+乗船セット券もあり。

まとめ

水族館や海中展望塔での海中観察のほか、ダイビングや船旅も楽しめる串本海中公園。家族みんなが満足する体験がここには詰まっています。時には海中観光船で海に繰り出し、見晴らしのよいレストランで食事するひと時を。串本の海をたっぷり満喫してみてください。

【最寄り空港から串本海中公園までの交通アクセス】
南紀白浜空港~空港バス→JR白浜駅~JR串本駅→無料シャトルバスで計90分程

ライター:nene.
【写真提供】
串本海中公園センター

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

目次