【福岡】北九州のおすすめご当地グルメ

目次

猛暑を乗り切る北九州の名物グルメをご紹介!

Lulu

北九州」は福岡県の北部、関門海峡を隔てて本州に面している九州の玄関口。「小倉城」や世界遺産「近代化産業遺産群」、国際貿易港として栄えた門司港のレトロな建築物など歴史的な観光名所が数多く点在しています。2018年には日本新三大夜景都市のひとつに認定され、ロマンティックな夜景も楽しめるんですよ。

Lulu

海と山に囲まれた北九州は食材も豊富で、北九州発祥のご当地グルメも盛りだくさんあります!今回は、パンチが効いたスタミナご当地グルメを4つご紹介します。

Mana

最近ちょっと夏バテ気味なので、スタミナグルメはとても気になりますね~。

Lulu

暑さも吹き飛ぶようなグルメばかりですよ。
マナさんもぜひ参考にしてみてくださいね。

北九州のスタミナ料理『八幡ぎょうざ』

Lulu

北九州で外せないご当地グルメが「八幡ぎょうざ」!1901年に官営八幡製鉄所が設置された北九州市八幡地区。製鉄所で働く人々にスタミナが付くと、好まれて食べられていたのが餃子です。
「鉄なべ餃子」をはじめ、豚骨スープで焼く「ラーメン系餃子」など、現在では多種多様な餃子を楽しむことができます。

Lulu

今回ご紹介する「本店鉄なべ」は、1958年創業の鉄なべ餃子発祥のお店!銀座でスパゲッティナポリタンを鉄の皿で出す店があったことにヒントを得て、鉄なべのまま提供するスタイルになったそうですよ。

Mana

鉄なべだと、最後まで熱々の餃子を食べられていいですね!
一口サイズなので、いくつでも食べられちゃいます~。

Lulu

そうなんです。餃子のあんは野菜が多めであっさりした味わい。鉄なべで焼いているので、皮もパリパリ!
もちろんビールとの相性もバッチリですよ!

≪本店 鉄なべ≫
住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎1丁目9-13 宮本ビル1F
営業時間:11:00~21:30
定休日:木曜日
平均予算:昼~999円、夜1,000円~1,999円 ※焼きぎょうざ(10個)550円

熱々トロトロ!門司港発祥『焼きカレー』

Lulu

関門海峡に面した門司港は、明治から昭和にかけて国際貿易港として栄えた港町。当時の建物が残り、現在では「門司港レトロ」として人気の観光地となっています。

Mana

昔ながらのレトロな雰囲気で素敵ですね。

Lulu

貿易が盛んだった門司港では、洋食文化がいち早く発達しました。そんな背景から生まれた名物ご当地グルメが「焼きカレー」です。
昭和30年代頃から(西暦1955年頃)、余ったカレーに卵をのせてオーブンで焼いたところ、とてもおいしく好評だったことから、広まっていったそう。

Lulu

おすすめの有名店が「伽哩本舗 門司港レトロ店」!門司港で唯一の焼きカレー専門店で、安定の人気「九州産黒毛和牛」やNo.1フォトジェニック「シーフード」、珍しい「バナナ」など種類が豊富なのが魅力です。

Mana

トロトロの卵とチーズはスパイシーなカレーとよく合いますね!
一度食べたら、やみつきになるおいしさです。

≪伽哩本舗 門司港レトロ店≫
住所:福岡県北九州市門司区港町9-2阿波屋ビル2F
営業時間:平日11:00~19:00(L.O)、土日祝日11:00~19:30(L.O)
定休日:不定期
平均予算:~999円 ※焼きカレー(レギュラー)850円 ※シーフードの焼きカレー 1,200円

北九州・小倉が発祥の『焼うどん』

Lulu

全国的に食べられている焼うどん、北九州の小倉が発祥地なんです。

Mana

そうだったんですね!初めて知りました。

Lulu

今回ご紹介する「だるま堂」は、焼うどん発祥のお店。どこか懐かしい味のする「だるま堂の焼うどん」は乾麺を使用するのが特徴で、野菜と豚バラなどをうどんと一緒に炒め、ソースで味付けします。戦後の食糧難の時代に、焼きそばを作ろうにもそば玉が手に入りにくく、代用として乾麺のうどんを使ったのが始まりだそう。

Mana

キャベツや玉ねぎのシャキシャキ感と、乾麺ならではの、もっちりした食感のコントラストが絶妙なおいしさですね。

Lulu

実は、「だるま堂」は先代亡き後、市民団体「小倉焼うどん研究所」が2020年7月に継承しました。オリジナルの伝統の味をぜひお楽しみください。

≪だるま堂≫
住所:福岡県北九州市小倉北区魚町1-4-17 鳥町食道街
営業時間:月・火・日曜:11:00~18:00、木・金・土曜:11:00~21:00
定休日:水曜日
平均予算:昼~999円、夜1,000円~1,999円  ※焼うどん(だるま堂味)550円

北九州のご当地うどん『肉うどん』

Lulu

北九州で親しまれているご当地うどんの「肉うどん」!やわらかく煮込んだ牛スジや牛ホホ肉がのった醤油ベースのうどんです。
中でもおすすめの「今浪うどん」は、1971年創業の老舗うどん店。お昼時にはお客さんが行列をなすほどの人気です。出汁は一見濃く見えますが、あっさり味なんですよ。

Mana

牛スジとホホ肉がゴロゴロ入っていて、食べ応え満点ですね!麺も程よくコシがあって、出汁や具材に負けていません。

Lulu

途中で唐辛子やおろしショウガを入れるのもおすすめですよ!美味しさがより引き立ちます。
朝の8時半から営業しているので、朝食でいただくのもいいですね。

Mana

並んででも食べたい一杯です!

≪今浪うどん≫
住所:福岡県北九州市小倉南区北方3-49-29
営業時間:8:30〜15:00
定休日:水曜日
平均予算:~999円 ※肉うどん(小)650円

まとめ

北九州のご当地グルメ5選はいかがでしたか?ボリューム感あふれるメニューばかりで、元気をチャージできそうですよね。おいしく食べて暑い夏を乗り切りたいですね!

【各都市から福岡・北九州までのアクセス】
・東京 
飛行機:羽田空港→北九州空港→小倉駅(エアポートバス)計約2時間 
新幹線:JR東京駅→JR小倉駅 計約4時間50分

・大阪
新幹線:JR新大阪駅→JR小倉駅 計約2時間10分

・福岡空港からJR小倉駅
バス:約1時間30分
地下鉄/新幹線:約30分

ライター:Pani
【写真提供】
本店 鉄なべ
伽哩本舗 門司港レトロ店
だるま堂
今浪うどん

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる