【高知】高知のおすすめご当地グルメ4選

目次

大人も子どもも大満足!ユニークなご当地グルメをご紹介!

Lulu

四国南部に位置する高知県。
マナさんは高知県といえば何が思い浮かびますか?

Mana

高知城や桂浜、四万十川、温泉、遊園地など有名な人気観光スポットがたくさんありますよね?

Lulu

その通り!さらに高知県は気候も温暖で、南は太平洋、北は四国山地と自然に恵まれているので、新鮮な食材も豊富!
ほかの地域では食べられないユニークなグルメが充実しているんですよ~

Mana

とっても気になります!

Lulu

今回は、その中でもおすすめの高知のご当地グルメをご紹介!
高知に行きたくなること間違いなしですよ。

高知といえばやっぱりコレ!『鰹のたたき』

Lulu

高知のご当地グルメで外せないのは「鰹のたたき」!鰹のたたきは鰹の切り身の表面を藁であぶり、身の部分はレアのままでいただく料理。全国的にはポン酢で食べるのが一般的ですが、高知では塩が主流なんです。

Mana

塩でいただくなんて、鰹をしっかり味わえそうですね!

Lulu

鰹は古くから高知県で親しまれており、その消費量はなんと全国1位!高知県の県魚にも指定されているほどポピュラーな魚なんですよ。

Mana

知らなかったです!旬はいつなんですか?

Lulu

1年を通して味わえますが、初鰹の3~4月と戻り鰹の10月は脂がのっていてとても美味しいですよ。

Lulu

鰹のたたきでおすすめしたいお店が、「明神丸」!名物の「藁焼き鰹塩たたき」は全て注文を受けてからあぶっています。

Mana

とてもダイナミック!香ばしい藁の香りがより食欲をそそりますね。

Lulu

塩にもこだわっていて、高知県黒潮町産の天日塩をかけていただきます。ほかにも鰹料理と相性抜群の高知の地酒や、地鶏の土佐ジローなど高知のおいしいグルメがたくさん!

Lulu

店舗も高知市内に3店舗あり、どの店舗も路面電車の駅からすぐです。
ぜひ高知必食グルメを堪能してみてくださいね。

≪明神丸 本店≫
住所:高知県高知市本町1-1-2
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 17:00~23:30
定休日:なし
平均予算:3,000円~3,900円 ※藁焼き塩たたき 1,078円~

一度食べたら止まらない!パリパリ食感の『屋台餃子』

Lulu

高知には今も屋台文化が残っていて、夜になると高知市の歓楽街・追手筋と交差するグリーンロードには南北約200mにわたって屋台が立ち並びます。
屋台の代表メニューが「屋台餃子」!高知ではお酒を飲んだ後のシメに食べられている、ローカルフードの一つです。

Mana

おいしそう~!一口サイズなんですか?

Lulu

そうなんです!小ぶりで薄皮の餃子をパリパリに焼き揚げているところが特徴。中の餡も野菜がふんだんに使用されているので通常の餃子よりも軽く、いくつでも食べられちゃいますよ♪

Lulu

その中でも有名なのが、こちらの1970年創業の「屋台安兵衛」!いつも多くのお客さんで賑わっている人気店です。
パリッとジューシーな屋台餃子はビールともピッタリ!昔ながらのおでん、らーめんも人気メニューです。

Mana

屋台のノスタルジックな雰囲気も相まっておいしさ倍増ですね!

Lulu

東京にも系列店が2店舗あるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

≪屋台安兵衛≫
住所:高知県高知市廿代町4-19
営業時間:19:00~翌3:00
定休日:日曜日
平均予算:1,000円~1,999円 ※屋台餃子 7個 500円

高知のソウルフード『鍋焼きラーメン』

Lulu

次は、高知のご当地ラーメン「鍋焼きラーメン」をご紹介します。

Mana

鍋焼きうどんはよくありますが、鍋焼きラーメンってめずらしいですね!

Lulu

そうですよね!昔、須崎市の一軒の食堂がラーメンを出前するときに冷めないよう土鍋に入れたのが始まりなんですよ。今では、高知のソウルフードとして親しまれています。

Lulu

鶏ガラベースのしょうゆ味のスープ、ストレート細麺、ちくわ、ネギ、卵、鶏肉を土鍋でグツグツと煮込むのが特徴です。

Mana

最後まであつあつのまま、ラーメンを楽しめていいですね!

Lulu

おすすめしたい人気店は、1972年創業の老舗店「橋本食堂」!蓋を開けると、鶏ガラスープとしょうゆの香りがあつあつの湯気とともに広がります。
旨みが強いスープはご飯ともよく合い、最後にご飯を入れて、雑炊風にして食べる方も多いそうですよ。

Mana

高知の大人気のあつあつソウルフード、ぜひ一度食べてみたいです!

≪橋本食堂≫
住所:高知県須崎市横町4-19
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜日、祝日
平均予算:~999円 ※鍋焼きラーメン(普通)525円

おいしい!かわいい!『ぼうしパン』

Lulu

ぼうしパン」は約60年以上前に高知県のパンメーカー永野旭堂本店が製造・販売をはじめ、今では県内のほとんどのパン屋で作られているご当地パンです。

Mana

ころんとした帽子のフォルムがかわいいですね!
どうしてこのような形になったのですか?

Lulu

もともとはメロンパンを作っていたときに、上のビスケット生地をのせ忘れて後からのせて焼いたところ、この帽子のような形になったのだそう。
試行錯誤を重ね、カステラ生地に変更してカステラパンとして販売。その後、だんだんとお客さんの間でぼうしパンと呼ばれるようになりました。

Mana

偶然から生まれたんですね。
長年、高知県民に愛され続けているなんて、すごい!

Lulu

ぼうしパン発祥の永野旭堂本店が直営している「リンベル」では、元祖ぼうしパンをいただけます。やさしい素朴な味わいで、帽子の上の部分がフワフワのコッペパン生地、つばの部分がカステラ生地のサクサク食感です。

Mana

やさしい甘さなので、毎日でも食べたくなりますね。
プレーン以外にも種類はあるんですか?

Lulu

はい!チョコやあんこ、カスタードなど、バリエーションも豊富です。
前々日までに予約すれば、本当にかぶれる特大ぼうしパンも作ってくれるんですよ。

Mana

誕生日やお祝いのプレゼントにもいいですね!

≪リンベル≫
住所:高知県高知市永国寺町1-43 ハイツ永国寺1F
営業時間:7:00~18:00
定休日:日曜日、祝日
平均予算:~999円 ※ぼうしパン 155円

まとめ

高知のご当地グルメ4選はいかがでしたか?お酒と相性抜群なものから、可愛い形のパンまでジャンルも幅広く魅力的なものばかりでしたよね。高知に訪れたら、地元の方に昔から愛されてきたローカルフードをぜひ試してみてくださいね。

【各都市から高知までのアクセス】
・東京 
飛行機:羽田、成田空港→高知龍馬空港 約1時間30分  
鉄道:JR東京駅(東海道・山陽新幹線のぞみ→JR岡山駅(特急南風 瀬戸大橋線・土讃線直通)
    →JR高知駅 計約6時間

・大阪
飛行機:伊丹空港→高知龍馬空港 約50分
鉄道:JR新大阪駅(山陽新幹線のぞみ・みずほ・さくら)
    →JR岡山駅(特急南風 瀬戸大橋線・土讃線直通)→JR高知駅  計約3時間30分

高知龍馬空港から、市街地までは車やバスで30分ほど。お土産店も充実しているので、旅の最後まで高知旅行を楽しめますよ。

ライター:Pani
【写真提供】
株式会社明神丸
株式会社エムエフシー
株式会社アイランド食品
株式会社永野旭堂

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、各施設で臨時休業、時短営業及びサービス内容の変更など実施されている場合があります。お出かけの際はご留意ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる